理念・目標

理 念

一人ひとりの患者さんを思いやり、心のこもった看護を提供します
一人ひとりの患者さんが生きてこられた人生、病気になられてからの経過、そのことによって生じた不安や悩みや苦痛、あるいは希望や願いなどに寄り添い、その人らしく、生きられるように、看護を通して、心をこめて支援します。

目 標

1.患者さんの視点に立った、責任ある看護を実践します
業務を優先するのではなく、患者さんを中心に考え、専門職として患者さんの状況に応じた判断をし、適切な看護を実践します。

2.患者さんのQOLの向上を目指し、継続した看護を提供します
患者さんの生活を大事にし、その人らしく生きられるよう、医療・看護が途切れないように継続して支援していきます。

3.安全で安心な看護を提供します
5S活動に取組み、一人ひとりが習慣化し、定着化し安全を目指し、患者さんに安心してもらえる看護を提供します。

4.専門職として常に自己研鑽に努めます
専門職としての知識・技術・感性を磨きつづけ責務を果たします。