看護部長からのメッセージ

藤岡 敦子

八尾総合病院 看護部長 藤岡 敦子

 八尾総合病院は、富山市南部地域 八尾・婦中・山田・大沢野方面の人々の健康と福祉の増進に貢献するため、職員一丸となって最善の医療の提供をめざしています。
 看護とは、人の誕生からその命の終焉の瞬間まで、どの健康の段階においても対象となる人々の「命」と向き合うことです。
 高齢者の多い現在、看護職員は生活者としての人を対象とし、健康のあらゆる段階において支援者として行動し、特に、病気やけがで苦痛のある人々や生活援助が自力でできない人には苦痛を取り除くことができるように看護介入を実践しています。
 看護部の理念のもと、一人ひとりの看護職が、患者さんにとって「思いやりのある看護」「心のこもった看護」とは何かをあらゆる場面で考えながら、実践することが大切であることを日々伝えています。
 急性期・回復期・慢性期・維持期と臨床場面では、困難なこともありますが、看護の一つ一つを大切にしながら学ぶことで、看護職として自立でき、看護の喜び、楽しさを感じ、やりがいを持てるような職場風土をめざしています。
 また、看護部では、5S活動を通して患者さんに安全で安楽かつ快適な環境を提供するために、看護職員が元気に生き生きと、優し笑顔で相手を思いやる行動ができる環境作りに努めています。
 教育では、看護職員にクリニカルラダーの教育体制を取り入れ、一人前、あるいはスペシャリストとなるための育成に力を入れています。キャリアアップに取り組んだ現在、3名の認定看護師(緩和ケア・感染管理・皮膚排泄ケア)と2名の認定教育課程を修了した看護師が院内外で活動し、活躍しています。
 このたび、看護のその分野において専門的な知識・技術をもった看護師が、患者さんまたは、そのご家族からの相談・指導・ケアなどを行う看護相談外来を開設いたしました。
 退院後に、継続して患者さんのサポートをするために、通院治療中の患者さんの日常生活の支援や、ご家族への介護相談・アドバイスを医師と医療スタッフとともに協力し行います。
 患者さんを多角的・多面的に捉え、看護を実践することで、患者さんと看護職双方が、八尾総合病院にきてよかったと思える病院づくりに努めていき、地域密着型病院としての役割を果たしていきます。

看護部長 藤岡 敦子